WEBプログラミング入門

独学での勉強方法

プログラミングを学習する前に身に着けておくこと

コマンド操作の基礎

最近のパソコンはマウスでほとんどのことは操作できるため、コマンドを知らなくてもソフトは使えます。でもプログラミングを勉強するならコマンド操作は必須になります。またサーバー用OSはLinuxがメインであるため、WindowsやMacしか使ったことがない場合は、Linuxの基礎を最初に身に着ける必要があります。

タッチタイピング

タイピングが遅いと学習効率が落ちるため、ある程度の基準になるまでは練習しておきます。e-typingというタイピング練習サイトの「腕試しレベルチェック」で300点以上くらいあればよいと思います。 e-typing腕試しレベルチェック

自作パソコンを作る

自分で組み立てて、メモリ・CPU・ハードディスク・マザーボードの関係性を理解します。ケースは拡張性を考え、フルタワーを選択します。OSはWindows10やLinuxをインストールします。MacOSは単体で売っていないので、自作PCにインストールすることはできません。

パソコンの仕組みを知る

パソコンが動く仕組みについて書いてある本です。子供でも分かる言葉で、丁寧に解説してあるので、まったく知識がなくてもパソコンの仕組みを理解できるようになります。

プログラミングの基礎

Cプログラミング入門以前
WEBプログラミングでよく使われるJavaScript・PHP・Python等はC言語から派生したもので、C言語の基礎を知っておくと、最初に学んだ言語の癖が付くのを防止できます。

プログラムはこうして作られる
筆者が作成した機能を制限した言語を使って、簡単なゲームを作る本です。これでもかというくらい処理を単純化して細かく書かれているので、とてもわかりやすいです。効率的な書き方に至る経緯がわかるのでプログラミング未経験者は最初に読んでおくとプログラミング学習がスムーズになると思います。

関連リンク