WEBプログラミング入門

VSCodeでPHPデバッグする

VSCodeに拡張機能をインストール

Xdebugインストール

Xdebug公式
  1. トップページDocumentationをクリック
  2. DocumentationのInstallationをクリック
  3. Compileの見出しのところにある、wizardをクリック
  4. php情報を貼り付けるエリアがあるので、インストールしているphp情報をファイルに書き出す。
  5. 例えばFドライブ直下にphpinfo.txtというファイル名で作成する場合はコマンドプロンプトで以下コマンドを実行 php -i > F:\phpinfo.txt
  6. ※-iはphpをコマンド実行する際のオプション公式マニュアル

  7. 書き出されたテキストファイルを開き内容を全選択してコピーctrl+A,ctrl+C
  8. wizardに貼り付けctrl+v
  9. 貼り付けたらAnalyse my phpinfo() outputをクリック
  10. インストールするバージョンのリンクが表示されるのでクリックしてダウンロード
  11. ダウンロードされない時は右クリック-名前を付けてリンク先を保存

ダウンロードしたファイルの設置場所

C:\xampp\php\extにダウンロードしたDLLファイルを移動する。対象フォルダ上でShift押しながら右クリックするとフルパスがコピーできる。

ファイル名を php_xdebug.dll に変更する。(Xdebugバージョン3より必要)
【公式ドキュメント】Xdebug2から3へのアップグレード

php.ini末尾にコード追記

php.ini
//設定変更↓
output_buffering = Off
//追記↓
[XDebug]
zend_extension=xdebug
xdebug.mode=debug
xdebug.start_with_request=yes

詳細は公式ドキュメント参照

VSCode設定

デバッグ設定ファイルの作成

  1. デバッグしたいワークスペースを開き、アクティビティーバーのデバッグをクリック
  2. デバッグ設定ファイルがなければ、”launch.jsonファイルを作成します”をクリック
  3. 環境の選択でPHPを選ぶと/.vscode/launch.jsonファイルが作成される。
    ※portは9003にする(Xdebugのバージョン3のデフォルト)

portはphpinfoのxdebug欄で確認できる

portを変更

デバッグの流れ

自分で設定を追加することもできるが、デフォルトだと"Listen for XDebug","Launch currently open script"からデバッグ方法を選択してデバッグ実行する。
F5を押して、右横の下三角をクリックすると選べる。下記画像参照

Listen for XDebugの場合

  1. 行番号の左にブレークポイントを作成
  2. デバッグの開始(F5)
  3. 対象ページ再読み込みでデバッグ開始
  4. ページ遷移やステップ実行など

Launch currently open scriptの場合

  1. 行番号の左にブレークポイントを作成
  2. デバッグの開始(F5)
  3. ステップ実行など
関連リンク